コンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。 J-CastニュースとWellnessMeによる寄生行為についてはこちらをご覧ください。

このサイトの使い方

「最新健康ニュース」について

このサイトでは主に、海外の研究機関や医学・健康関連のジャーナルが発表する最新のプレスリリースやオープンアクセスの論文の中から一般大衆が興味を持ちそうなものを日本語にし、ニュースとして掲載しています。

記事の探し方

当サイトのコンテンツの量は 2016年9月現在で 4,000ページ超です。 特定のキーワード(例. "食物繊" と "腸内細菌")が登場する記事を探したい場合には、サイト内検索を利用してください。

最新の記事は、最近の記事でチェックできます。 最新記事のチェックにはRSSフィードも便利です。 3行半ニュースでは、独立した記事にするよりももう少し手を広げて、様々なニュースを簡単に紹介しています。

引用・転載について

「最新健康ニュース」のコンテンツの引用・転載については「引用・転載をするときのルール」をご覧ください。

記事の読み方

「最新健康ニュース」の記事の多くは、「研究の方法」と「結果」という構成になっています。 「研究の方法」などと言われると難しげな印象がありますが、実はこういう構成がいちばん合理的で簡潔です。

大部分の医学・健康関連のプレス・リリースは一見、「研究の方法」と「結果」という無機的な構成ではありません。 もっと自然な風をよそおった記事で、見出しもついていないのが一般的です。

しかし、そういう「自然な記事」から読者には不要な情報(*)を剥ぎ取ると、そこに残るのは「研究の方法」と「結果」そして場合により「解説」だけです。
(*) 無意味な導入部、ときには3行にも及ぶ研究者の所属や肩書き、プレスリリースを発表する機関の宣伝など。

つまり、プレスリリースから本当に必要な情報だけを抽出し内容を再構成すると、「研究の方法」と「結果」そして場合により「解説」という構成に落ち着くのです。 研究論文のアブストラクト(研究要旨)も、「研究の方法」・「結果」・「結論」という構成であるのが一般的です。

「研究の方法」と「結果」という構成は取っ付きにくく感じられますが、研究結果を紹介するニュースにおいては最も効率的なスタイルです。

「最新健康ニュース」の親切さ
「最新健康ニュース」の記事は一見、内容が堅く見えます。 実際に内容が堅いことも少なくありません。 しかしそれでも、出典にあたるプレスリリースや論文よりは確実に読みやすくなっています:
  • 不要な情報が除去されている。
  • プレスリリースで「自然な記事」を装おうとした結果いくつかのカケラに散らばってしまった情報が再構成され1つにまとまっている。
  • プレスリリースの至らない点(情報の欠落や間違い)が是正されていることがある。
  • 必要に応じて言葉の意味が解説されている。
  • 読みやすくするための工夫(このように箇条書きにするのも、その一例)が随所になされている。
  • ページが軽く、読み込みが速い。 広告も少ない。 運営者である私自身のPCも回線も低スペックであるため、自ずと軽いサイトになります。