オリーブ・オイルの抗炎症効果(レビュー)

(2019年9月) "Nutrition" に掲載されたシステマティック・レビュー。

レビューの要旨の概要

オリーブ・オイル常用が炎症マーカー(CRP・IL-6・TNF-α)に及ぼす影響を調べた複数のランダム化比較試験の結果をまとめたところ、オリーブ・オイル常用は炎症マーカーの(血中濃度の)低下に有益だった。 特にIL-6のコントロールにオリーブ・オイル常用は有用かもしれない。 ただ、今後も色々と研究が必要である。