健康食品が A. muciniphila菌 と F. prausnitzii菌 に及ぼす影響

(2019年7月) 健康食品が Akkermansia muciniphila と Faecalibacterium prausnitzii という2種類の腸内細菌に及ぼす影響について これまでの研究をまとめたシステマティック・レビューが "Nutrients" 誌に掲載されている。

この2種類の腸内細菌について

Akkermansia muciniphila(A. muciniphila)菌も Faecalibacterium prausnitzii(F. prausnitzii)も健康な人の腸内に多い腸内細菌であり、炎症や代謝プロセスを介して肥満・2型糖尿病・動脈硬化の抑制に貢献するのではないかと考えられている。

レビューの方法

A. muciniphila菌や F. prausnitzii菌の腸内における豊富さに色々な健康食品が及ぼす影響を調べた29の臨床試験(被験者数は合計 1,444人)のデータを分析した。

結果

A. muciniphila菌

以下の健康食品により腸内で A. muciniphila菌が増えていた:
  1. カロリー制限
  2. ザクロ抽出物
  3. レスベラトロール
  4. ポリデキストロース(人工的に合成された水溶性食物繊維。ヒトの消化酵素では分解されない)
  5. イースト菌による発酵物(EpiCorという製品)
  6. 酪酸ナトリウム
  7. イヌリン(水溶性食物繊維)
以下の健康食品により腸内で A. muciniphila菌が減っていた:
  1. 発酵性オリゴ糖
  2. 二糖類(ショ糖すなわち砂糖も二糖類)
  3. 単糖類(ブドウ糖など)
  4. ポリオール類(イソマルト、キシリトール、マンニトール、ソルビトールといった甘味料。アボカド、アプリコット、さくらんぼ、ネクタリン、桃、梅などの核果の成分でもある。低FODMAP食で避けるべき食品の1つ)

F. prausnitzii菌

F. prausnitzii菌は、試験の大部分がプレバイオティクス(フラクトオリゴ糖・イヌリン型フルクタン・ラフィノース)の効果を調べたものだった。 プレバイオティクスにより F. prausnitzii菌が腸内で増加したという試験が7つ、減ったという試験が2つ、増減はなかったという試験が4つだった。