日本における緑茶飲用量と死亡リスク(プール解析)

(2019年8月) "European Journal of Epidemiology" に掲載されたプール解析で、緑茶をよく飲む人は死亡リスクが低かった。

概要

日本で行われた8つのコホート研究のデータ(31万人。追跡期間は平均17.3年間)を分析したところ、追跡期間中に死亡するリスクが次の通りとなった:
  1. 緑茶を1杯/日未満しか飲まない場合に比べて5杯以上飲む場合には、総死亡リスクが男性では10%および女性では18%低かった。
  2. 心臓病で死亡するリスクに限ると、この数字は18%と25%だった。
  3. 脳卒中で死亡するリスクに限ると、この数字は24%と22%だった。
  4. 呼吸器疾患で死亡するリスクに限ると、飲用量が3~4杯/日の場合には25%および5杯/日以上の場合には34%のリスク低下だった。(たぶん男女合同の数字。比較対象はおそらく1杯/日未満の場合)
  5. 女性に限り、緑茶を中程度に飲む場合にガン(部位は問わない)で死亡するリスクが低下していた。 1日あたりの飲用量が1~2杯で11%および3~4杯9%の低下。(比較対象はおそらく1杯/日未満の場合。 おそらく5杯以上飲む場合にはリスクが下がっていなかった)
追跡期間中の死者数は 52,943人だった。