日本の「食事バランスガイド」と抑うつ症状の程度

(2019年9月) "Clinical Nutrition" に掲載された日本の研究。

18~68才の就業者909人に食生活を尋ね、その3年後に抑うつ症状の程度を調べたところ、食生活が日本の「食事バランスガイド」にどれだけ近いかと抑うつ症状の程度との間に関係が見られなかった。 ただ、食生活が「食事バランスガイド」近いと抑うつ症状の程度が高い(CES-Dで23点以上)リスクは低い傾向にあった。

3年間のうちに新たに抑うつ症状を抱えるに至った153人だった。