神経変性疾患のリスク要因と予防手段(レビュー)

(2019年10月) "Neural Regeneration Research" に掲載されたレビュー。

レビューの要旨

  1. 神経変性疾患(アルツハイマー病やパーキンソン病)の発症リスク、症状の程度や期間に悪影響を及ぼすのは、糖分の多い食事・アルコール/たばこ依存症・高脂肪の食事・老化・脳の損傷・酸化ストレス・神経炎症。
  2. 老化や神経変性疾患に対抗する手段として期待されるのは、多価不飽和脂肪酸・抗酸化物質(クルクミン、レスベラトロール、ブルーベリーのポリフェノール、スルフォラファン、salvionic 酸)・カロリー制限・身体活動。 これらはオートファジーや神経発生を成人の脳において増やすことで効果を発揮すると考えられる。