菜食主義と歯の健康(メタ分析)

(2019年10月) "Community Dentistry and Oral Epidemiology" に掲載されたメタ分析。

概要

2019年4月17日までに発表された18の研究のデータをまとめたところ、菜食主義の人は歯牙侵食(酸食症)のリスクが2.4倍高かった。

虫歯のリスクや歯が抜けるリスクに関しては、食生活とのあいだの関係が(今回のデータでは)よくわからなかった。

歯牙侵食のリスクにしても、いろんな要因の影響を考慮しきれているとは言えないので今回の結果は鵜呑みに出来ない。

菜食主義が(歯牙侵食に限らず)歯に悪いとすればそれは、野菜や果物をよく食べるために口内のpHが低いとか、必須アミノ酸が不足するとかの理由かもしれない。