13才ごろの子供の睡眠と食生活の関係

(2018年3月) "Journal of Sleep Research" 誌に掲載された南オーストラリア大学の研究によると、睡眠に問題がある子供は食生活にも問題が生じやすい(あるいはその逆)かもしれません。

研究の方法

オーストラリアに住む平均年齢13才の子供2万8千人(男女はほぼ同数)のデータを分析しました。 データの分析においては年齢・性別・社会経済的状態(収入・職業・学歴など)を考慮しました。

結果

主な結果は次の通りです:
  • 睡眠の質が低い」あるいは「就寝時間が遅い」と回答した子供は朝食を食べないことが多かった。
  • 「平日の就寝時間が遅い」と回答した子供はジャンクフードを食べることが多かった。