7月6日のアンケートの結果についてのご報告

結論

先日のアンケートの結果、記事にするのを見送ることにいたしました。

アンケートの質問は「サプリメントや食生活の多発性硬化症(MS)の予防や治療への効果についてまとめたレビューを記事にしたら読みますか?」というものでした。

見送ることにした理由はやはり、労力がかかり過ぎるためです。 今しがた再び論文を眺めてみたのですが、論文要旨を訳すだけでは済まないのに加えて本文を簡潔にまとめるのにも多大な労力が必要となりそうなのです。

アンケート結果

アンケートの結果は予想通りというか、この話に興味がない人が少なくありませんでした。 回答の内訳は次の通りです:

是非読みたい(合計)-13票
読む-10票
そのときの気分しだい-13票
読まない-7票

アンケート・ページへのアクセス数は289(PV)でした。 投票率は15%ほどになります。 アンケートへのご協力ありがとうございました。 (アンケート用のプラグインをオフにしたので、現在投票はできません)

件の論文

記事にしよかすまいか迷っていた論文は、"Nutrients" 誌に掲載された "A Review of Various Antioxidant Compounds and their Potential Utility as Complementary Therapy in Multiple Sclerosis" という題名のものです。

論文要旨には次のようにあります:
「酸化ストレスは炎症や自己免疫が仲介するプロセスに関与するので、抗酸化物質両方が多発性硬化症の緩和だけでなく進行阻止にすら役立つ可能性がある」
Since oxidative damage has been known to be involved in inflammatory and autoimmune-mediated processes, antioxidant therapy could contribute to the reduction or even prevention of the progression of MS.
結論のセクションには次のようにあります:
「メラトニン・ビタミンD3・オメガ3不飽和脂肪酸(DHAやEPA)・ポリフェノール化合物などの(多発性硬化症に対する)有効性がランダム化比較試験で確認されているようだ。 ただし今後の研究が必要...」
Randomized clinical trials seem to confirm the efficacy of some of the compounds discussed above, such as melatonin, vitamin D3, omega-3 PUFAs, and polyphenol compounds. However, further research is needed...