閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

代謝率を若返らせて中年の脂肪を燃やしてくれるサプリ "7-keto"

年を取ると太るのは代謝の速度が衰えるためです。 7-keto(ケトデヒドロエピアンドロステロン) というサプリメントは、この代謝の衰えを抑制することで加齢による体重増加を食い止める作用があると考えられています。
7-keto とは
7-keto(7-keto DHEA とも呼ばれる)は体内で生産される物質で、食品から摂取することはできません。 7-keto の体内量は30才頃から減少し始めます。 7-keto が減少すると、安静時代謝率(呼吸や心臓の鼓動などにより運動をしなくても消費されるカロリー。 RMR)が減少します。
安静時代謝率

一般的に(運動量が非常に多い人を除いて)、1日の消費カロリー全体の60~70%が安静時代謝率(RMR)によるものです(つまり、日常的な活動やちょっとした運動で消費されるカロリーは全体の30~40%でしかない)。

RMR が上がると夜に寝ているときの消費カロリーも増加するので、RMR がダイエットに与える影響は大変なものだと言えます。

7-keto の研究①

7-keto の代謝率への影響を調べた研究("The Journal of Nutritional Biochemistry" に掲載)で、40名の被験者を2つのグループに分けて、一方に7-keto(100mg×2回/日) を、そしてもう一方にプラシーボを服用させるという試験を行ったところ、7-keto を服用したグループではプラシーボのグループに比べて、1日あたりの消費カロリーが平均で96kcal増加するという結果でした。

1日あたりの燃焼カロリーが96kcal 増加すると、食事量や運動量が変わらなくても、1年で4.5kgも体重が減少するという計算になります。

7-keto の研究②

7-keto を運動プログラムと組み合わせた場合の効果を調べた研究("Current Therapeutic Research" に掲載)もあります。 こちらの研究では、23名の肥満者を2つのグループに分けて、一方に 7-keto(100mg×2回/日) を、そしてもう一方にプラシーボを服用させました。 その上で、両方のグループに週に3回運動させて、さらに1日の摂取カロリーを 1,800kcal(わりと普通の摂取カロリー)に制限しました。

8週間後、プラシーボのグループでは2.1kgしか体重が落ちなかったのに対して、7-keto を服用したグループでは体重が2.8kgほど落ちました。

7-keto を服用したグループのうちに有意な副作用は見られませんでしたし、血液検査でも異常はありませんでした。 7-keto が人体でも作られている物質であるためだと考えられます。

7-Keto の服用量

ダイエットを目的とする場合、7-Keto は朝と晩の2回に50mgずつ服用するのが良いと思われます。 7-Keto は運動やカロリー制限と併用すると効果的です。 体重が落ちた後も、7-Keto の服用を続けることで体重を維持できるでしょう。 7-keto(Amazon)

7-Keto の安全性

"Clinical Investigative Medicine" に掲載された研究には、少なくとも、1日200mgを4週間にわたって服用し続けるという範囲内では 7-keto は安全だと考えられます。

7-keto 自体には副作用がないと思われますが、7-keto 以外に他の成分(カフェインやガラナなど)を含んでいるサプリメントもあるので要注意です。