閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

PRALとは

PRAL(*)とは、食品の酸性かアルカリ性かを「mEq」という単位で表す尺度のことです。 1995年にドイツの研究者が考案しました。 数値がプラスに大きいほど酸性で、マイナスに大きいほどアルカリ性です。 数値がゼロだと中性。
(*) potential renal acid load(潜在的な腎臓酸負荷)の略語。

PRALは他の酸性食品とアルカリ性食品の分類と大体において同じですが、少し違いもあって、例えば、一般的な酸性/アルカリ性食品の分類では酸性食品に分類されるコーヒー・砂糖・ビールが、PRALでは弱アルカリ性の食品であるとみなされます。

PRALでも他の酸性/アルカリ性食品の分類と同じく、果物と野菜がアルカリ性食品に分類され、肉や魚などの動物性たんぱく質と穀類、それに塩分が添加された加工食品が酸性食品に分類されます。

食品カテゴリー
食品カテゴリーのPRAL平均値です。

食品カテゴリー PRAL値(mEq/100g)
小麦粉 7.0
肉類 9.5
7.9
チーズ以外の乳製品 1.0
低蛋白のチーズ 8.0
高蛋白のチーズ(*) 23.6
野菜 -2.8
果物 -3.1
植物油
(*) パルメザン・チーズやチェダーチーズなど水分が少なくて硬いチーズ。

主要な食品、mEq値が顕著な食品
一般的な食品や、食品カテゴリーの平均PRAL値からの逸脱が大きい食品のPRAL値です。
主食

食品名 PRAL値(mEq/100g)
白米 4.6
玄米 12.5
パン 3.5
麺類 6.7
コーンフレーク 6.0

油脂
食品名 PRAL値(mEq/100g)
バター 0.6
マーガリン -0.5
オリーブ油 0.0
ひまわり油 0.0

肉類
食品名 PRAL値(mEq/100g)
コーンビーフ 13.2
サラミ 11.6
卵の黄身 23.4
卵の白身 1.1

野菜
食品名 PRAL値(mEq/100g)
ほうれん草 -14.0
セロリ -5.2
人参(若いもの) -4.9
きゅうり -0.8
アスパラガス -0.4
きのこ -1.4

果物
食品名 PRAL値(mEq/100g)
バナナ -5.5
キウィ -4.1
アプリコット -4.8
レーズン -21.0

嗜好品
食品名 PRAL値(mEq/100g)
白砂糖 -0.1
コーヒー -1.4
コカコーラ 0.4
ミルク・チョコレート 2.4
クルミ 6.8
ピーナッツ 8.3