閲覧以外でのコンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

ニキビ経験者は老化が遅い?

(2016年9月) "Journal of Investigative Dermatology" に掲載されたキングズ・カレッジ・ロンドンの研究によると、ニキビに悩まされたことがある人は老化が遅い可能性があります。 ニキビの経験者は非経験者に比べて、テロメアが長い傾向にあったのです。

研究の概要

英国人女性 1,205人の白血球のテロメアの長さを測定したところ、ニキビ経験者のグループはニキビ非経験者のグループに比べてテロメアが長いという結果でした。 1,205人のうちの1/4ほどがニキビ経験者でした。

さらに、この女性たちの皮膚組織を用いて遺伝子の発現状況を調べたところ、ニキビ経験者ではプログラム細胞死を制御するp53経路の発現が少ないことが明らかになりました。

解説

ニキビ経験者は肌の老化が遅いことは、これまでにも経験的に知られていました。 ニキビ経験者は皮膚にシワができる、皮膚が薄くなるといった老化の兆候が生じるのが随分と遅いのです。 今回の結果は、その理由の説明につながると考えられます。

研究チームによると、テロメアの長さに影響する遺伝子のうちの1つがニキビにも関与しています。