ホットフラッシュに鍼治療が効く②

(2016年5月) "Menopause" 誌に掲載されたウェイクフォレスト・バプティスト医療センターの研究で、ホットフラッシュ寝汗などの更年期症状の緩和に鍼治療が有効であるという結果になりました。出典: Acupuncture Used in Clinical Settings Reduced Symptoms of Menopause

研究の方法
①3ヶ月以上にわたり月経が生じておらず、②過去2週間のうちにホットフラッシュまたは寝汗が毎日4回以上あるという45~60才の女性209人を次の2つのグループに分けました:
  1. 1年間の前半(半年間)に専門家による鍼治療を受けた後、後半に何もしないグループ。
  2. 1年間の前半に何もしなかった後、後半に専門家による鍼治療を受けるグループ。

鍼治療を受ける半年間における治療回数は、実生活における鍼治療の頻度を反映するために、最大で20回としました。

結果

1のグループは鍼治療を受けた半年間のうちに、ホットフラッシュの頻度が鍼治療開始前に比べて平均で36.7%減りました。 1年後(最後に鍼治療を受けてから半年後)にも、ホットフラッシュの頻度が平均で29.4%減った状態が維持されていました。

2のグループは、鍼治療を受けていなかった1年間の前半に症状(*)の頻度が6%増えていましたが、鍼治療を受けるようになった後半の半年では頻度(†) が平均で31%減っていました。

(*) おそらく寝汗は含まない。

(†) おそらくホットフラッシュの頻度。
留意点
鍼治療時に見られた効果には、プラシーボ効果が影響している可能性があります。