閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

3~4歳児の ADHD を判断するためのチェックポイント

注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、就学前の子供に見られる発達(行動)障害の中では最も一般的で、(米国では)11人に1人がADHDだと言われています。 その一方、4歳児の40%で正常な範囲内での集中力不足が見られます。

以下は、正常な範囲内での振る舞いとADHDとの見分け方のポイントです:
  1. 常に(家具などに)登っていて、止めなさいといっても止めない。
  2. 特定の動作(貧乏ゆすりなど)を続ける。 静かに座っていられずにモジモジしたりする。 じっとしていられず、すぐに立ち上がって動き回る。
  3. 猛烈な勢いで動き回った結果、針で縫うような深刻な怪我をしたことがある。
  4. 4歳児にしては片足飛びで歩くのが下手だ。
  5. 他の遊び友達よりも声が大きく、やかましい。
  6. 見知らぬ人に警戒心を示さず、すぐ友達になることが少なくない。
  7. 他の子供たちと平和に遊べない。 他の子供たちから引き離す必要があるほどの攻撃性を時おり示す。
  8. 自分が危険な目に会うような状況でも驚くほど平然としている。
    上記6~8の参考記事: 暴力的な子供は乳幼児の頃から冷や汗をかかない
  9. 何事にも数分で飽きる。
  10. 1~2分間の注意力の持続を要求される活動への参加を拒否する。
3~4歳の子供に上記のような行動が見られたら、ADHD を疑って医師に相談しましょう。 ADHD には安全で効果的な治療法があり、協調性、学業成績、社交性を改善することができます。