運動習慣がADHDの改善に有効

(2012年10月)"Journal of Pediatrics" に掲載されたミシガン州立大学の研究によると、短時間の運動を毎日するだけで注意欠陥・多動性障害(ADHD)の子供の学業成績が向上すると考えられます。

研究の方法

8~10歳の子供たち40人(うち20人がADHD)に、ウォーキング・マシンで20分間元気よく歩いてもらうか、座って本を読んでもらいました。

その後40人の子供たち全員に、簡単な読解力と算数のテストとPCゲーム(視覚的に注意をそらすモノを無視して魚が泳ぐ方向を決定するという内容)をやってもらいました。

結果

ウォーキング・マシンで歩いたグループのほうが、テストとPCゲーム両方の成績が良好でした。 加えて、(ウォーキング・マシンで歩いた)ADHDの子供では、PCゲームにおいてミスをした後にゲームのペースを遅くしてミスの再発を防止するという行動も見られました。 ADHDの子供にとって、このようにミスを繰り返さないというのは難しいことです。