閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

太り具合の各種の指標(BMIなど)の2型糖尿病リスクを判定する性能

(2017年11月) "British Journal of Nutrition" に掲載された中国の研究で、太り具合の各種の指標がそれぞれ2型糖尿病リスクの判定にどれくらい使えそうかが調査されています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

研究の方法

まず、中国に住む2型糖尿病ではない男女1万2千人弱の太り具合を次の5種類の指標で割り出しました:
  1. ABSI(下記参照)
  2. BAE(下記参照)
  3. BMI
  4. ウェスト・サイズ
  5. WHtR

次に、各指標が示す太り具合に応じて指標ごとに5つのグループに分けました。 そして、一定の年数(具体的な数字は不明)にわたり2型糖尿病の発症状況を追跡調査して、各指標が示す太り具合に2型糖尿病になるリスクがどの程度反映されているかを調べました。

太り具合が激しくなるほどに2型糖尿病のリスクが増加している指標が2型糖尿病リスクの判定に使える指標であるということになります。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ABSIについて

「ABSI」は "A Body Shape Index" の略語です。 ABSIは身長・体重・ウェストサイズを用いて次の式で計算します:

ウェストサイズ÷[BMI2/3 × 身長(メートル)1/2]

ウェストサイズと身長の単位には「cm」ではなく「m」を使用します。 (外部リンク: ABSI計算機

BAEについて

「BAE」は "Body Adiposity Estimator" の略語です。 BAEでは、次のように長~い式を用いてBMI・年齢・性別から体脂肪率を推定します:

-44.988 + (0.503 × age) + (10.689 × sex) + (3.172 × BMI) - (0.026 × BMI2) + (0.181 × BMI × sex) - (0.02 × BMI × age) - (0.005 ×BMI2 × sex) + (0.00021 × BMI2 × age)

この式の "sex(性別)" の部分には、男性であればゼロを女性であれば1を代入して計算します。 "age(年齢)" の部分には自分の年令を代入して計算します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

結果

各指標で、最も太っていないグループに比べて他の4つのグループでは次のように2型糖尿病のリスクが増加していました:

指標の種類 4番めに太っている 3番めに太っている 2番めに太っている 最も太っている
ABSI +35% +75% +87%
BAE +82% +93% +173% +318%
BMI +42% +62% +159% +290%
ウェスト・サイズ +53% +66% +172% +309%
WHtR +106% +190% +320%

統計学的に有意ではなかった。

統計学的な有意性が微妙だった。

2型糖尿病リスクの判定にはBMIやウェスト・サイズといった簡単に割り出せる指標で十分だと言えそうです。