大人でも田舎への移住によって免疫系が強化される

"The Journal of Allergy and Clinical Immunology"(2013年9月)に掲載された研究によると、田舎に移住して幅広い環境に触れると、大人であっても花粉症の症状が相当に緩和される可能性があります。

農作業に従事する人では、免疫系が様々な細菌・カビ・花粉などに頻繁に触れるために、アレルギーを防止する反応が引き起こされ、花粉症の一般的な原因であるイネ科やカバノキ科の植物の花粉に対するアレルギーが阻止あるいは緩和されると考えられるのです。

研究者によると、多様な細菌・カビ・花粉の免疫系への効果が、大人になってから田舎に移住した人にも見られるというのは驚くべきことです:

「これまで、このような効果は、田舎の農村地帯で育った人の免疫系にのみ生じると考えられてきましたが、今回の研究により、大人になってから田舎に移住するケースであっても、免疫系が環境による恩恵を得られることがわかりました。

ただし、家畜小屋を筆頭として農村は全体的にホコリっぽいので喘息などの肺疾患のリスクがあります。 したがって、アレルギーで悩んでいる人に田舎への移住を安易に勧めることは出来ません」


(研究内容に関する記載がソース記事にありませんでした。 ソース記事の元になった論文もアクセスできないので、どんな研究をしたのかは不明です)