35才以上の高齢出産では奇形児が生まれにくい

(2014年2月) 高齢出産(35才以上での出産)では染色体に異常がある子供(ダウン症児など)が生まれるリスクが増加しますが、"The Pregnancy Meeting" で発表されたワシントン大学の研究によると、染色体異常によるものを除いて高齢出産の方が(若い年齢での出産に比べて)軽微でない先天性奇形の子供が生まれるリスクは減少すると考えられます。
軽微でない先天性奇形(major congenital malformation)とは、出生の時点で心臓・脳・腎臓・骨・腸管などに身体的な欠損が存在することを言います。
研究の方法

76,000人の妊婦から収集した、①妊娠に関する医療記録、および②超音波検査(妊娠4~6ヶ月目の時点で実施)による先天性奇形の診断結果を用いて、軽微でない先天性奇形が1つまたは複数ある率を35才未満のグループと35才以上のグループとで比較しました。 さらに、軽微でない先天性奇形の発生件数を心臓・脳・腎臓など器官別に整理しました。

結果

35才以上のグループでは(35才未満のグループに比べて)、生まれる子供に軽微でない先天性奇形が1つまたは複数存在するリスクが40%減少していました。 この数字は(年齢以外の)他のリスク要因を考慮したうえでのものです。

35才以上の高齢出産のグループでリスクが下がっていたのは特に脳・腎臓・腹壁の欠損で、心臓の欠損についてはリスクに違いがありませんでした。

考えられる理由
研究者によると、35才以上の女性において先天性奇形の子供が生まれる率が下がる理由に関して、「35才以上の女性では、解剖学的に正常な(つまり先天性奇形の無い)胎児が生き残り易いのではないか」と述べています。 つまり、妊娠的に高齢の女性の胎内は先天性奇形のある胎児にとっては厳しい環境だということでしょうか。