「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

イタリアにおける大気汚染の程度と2型糖尿病のリスク

(2018年1月) "Plos One" に掲載されたイタリアの研究によると、大気汚染により2型糖尿病のリスクが増加する恐れがあります。

研究の方法

クロス・セクショナル研究において、イタリアに住む45才以上の男女37万人超のデータを用いて、居住地の大気汚染の程度と2型糖尿病のリスクの関係を調べました。 データの分析においては、2型糖尿病のリスク要因を考慮しました。

結果

大気汚染の程度

各大気汚染物質の大気中濃度は次のようなものでした(カッコ内は標準偏差値):
  • PM10: 16.9μg/m(7.4)
  • PM2.5: 15.9μg/m(7.1)
  • NO: 15.9μg/m(11.3)
  • : 103.2μg/m(5.1)

リスクの増加幅

大気汚染物質の大気中濃度が10μg/m3増えるごとに、2型糖尿病のリスク(オッズ比)が次のように増加していました:
  • PM10: +4%
  • PM2.5: +4%
  • NO: +3%
  • : +6%

自分がさらされている大気汚染の程度を知るには?

日本各地の大気汚染物質の濃度は「そらまめ君」や「PM2.5まとめ」で知ることができます。