「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

航空機などの騒音が抑鬱や不安症を引き起こす?

(2016年6月) "PLOS ONE" に掲載されたヨハネス・グーテンベルク大学マインツの研究によると、航空機などの騒音により抑鬱と不安症が生じやすくなる可能性があります。出典: Noise Annoyance Is Associated with Depression and Anxiety in the General Population- The Contribution of Aircraft Noise

研究の方法
ドイツに住む35~74才の男女1万5千人に、過去数年間のうちに騒音(*)に悩まされたことがあるかどうかを5段階評価で尋ね、抑鬱と不安症の有無を調べるためのアンケートを実施しました。

(*) 騒音の種類は、自動車やバイクなどの交通騒音、ヘリコプターや飛行機などの航空騒音、電車の騒音、建設工事や工場の騒音、屋内や屋外のその他の騒音。

(†) 「まったくない」「少しある」「少なからずある」「すごくある」「最悪」の5段階。
結果
騒音全般に悩まされることが多いほど抑鬱と不安症になりやすいという結果でした:
比較対象は騒音に悩まされたことが「まったくない」グループ。 「少しある」グループでは抑鬱や不安症を抱える人の割合は増えていなかった。
グループ 抑鬱の有病率 不安症の有病率
「少なからずある」 +20% +42%
「すごくある」 +59% +75%
「最悪」 +97% +114%(2倍超)
世間に迷惑を与えることが最も多かった騒音源は航空機(ヘリコプターや飛行機)で、60%ほどの人が航空機の騒音に悩まされていました。