信心深い人ほど酒に酔うと凶暴になる

(2014年8月) ケンタッキー大学の研究によると、信心深い人ほど酒に酔ったときには攻撃的になる傾向があります。

研究の方法
21~35才の米国人520人の信心深さ(*)の程度をチェックした後に、アルコール飲料またはノン・アルコール飲料を飲ませました。
(*) この研究においては「信心深い人」とは、「宗教の種類に関わらず神聖な物事に意味を見出す人」と定義されました。
結果

ノン・アルコール飲料を飲んだグループでは信心深さが強いほど暴力が減少しましたが、アルコール飲料を飲んだグループでは信心深さが強いほど暴力が増えていました。

信心深さゆえに普段は抑圧されているモノが飲酒によって解き放たれるのでしょうか。 どれだけ飲ませたのか知りませんが、520人程度の人数なのに研究が成立するほどの数の暴力が発生するとは恐ろしいですね。