閲覧以外でのコンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

飲酒が健康に及ぼす影響は飲酒後24時間を境に逆転する

(2016年3月) "Circulation" 誌に掲載予定であるハーバード大学のシステマティック・レビュー(過去の複数の研究のデータを分析する研究)によると、飲酒が心血管疾患(心臓発作と脳卒中)のリスクに及ぼす影響は飲酒直後と飲酒から時間が経った後とで逆転します。

飲酒後24時間には心血管疾患のリスクが増加するけれども、その後は心血管疾患を予防する効果を発揮してくれるというのです。 ただし、これは飲酒量が適正である場合だけで、飲酒量が多い場合には飲酒から24時間が経過した後にも心血管疾患のリスクは増加したままです。

レビューの方法

飲酒した後の心血管疾患のリスクについて調べた23の研究のデータを分析しました。 データに含まれていた人数は合計で3万人近くになります。

結果
飲酒が適量である場合

飲酒後1~3時間は、1回分のアルコール(*)でも心拍増加・心臓リズムの異変・血圧上昇・血液の粘度増加などが生じて心血管疾患のリスクが増加していました。

しかし飲酒から24時間が経過すると、飲酒が適量(†)である場合には血流と血管内皮機能が改善し血液凝固が減少していました。 長期間にわたって少量だけを飲酒するという人ではHDL(善玉)コレステロールも増加しているように見受けられました。

(*) "a single dose"。「1回分」の量は不明。 1杯のことでしょうか?

(†) この研究では、1週間あたり6杯までを「適量の飲酒」とみなしました。

このことから、適量の飲酒の場合には飲酒直後には心血管リスクが増加するものの、24時間以内に心臓発作と出血性脳卒中(血管が破裂する)のリスクを下げる効果を発揮し、1週間以内に虚血性脳卒中(血管が血栓で詰まる)のリスクを下げる効果を発揮すると考えられます。

過度の飲酒の場合
飲酒量が過剰である場合には、飲酒からの経過時間に関わらず心血管疾患のリスクがずっと高いままで、1日あたり6~9杯の飲酒で心血管疾患のリスクが2倍近くに増加し、1週間あたり19~30杯の飲酒で心血管疾患のリスクが6倍以上に増加するという結果でした。