「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

アーモンドに血中脂質を改善する効果

(2018年1月) "Journal of Medicinal Food" に掲載された淑明女子大学校(韓国)などの研究によると、アーモンドに血中脂質を改善する効果が期待できるかもしれません。

研究の方法

健康な成人(人数不詳)を2つのグループに分けて、一方のグループにのみアーモンド1日56gを20週間にわたり食べさせました。

2つのグループの1日あたりの摂取カロリーは、アーモンドのカロリーを含めて同等でした。

結果

20週間後、アーモンドを食べたグループは食べなかったグループに比べて、中性脂肪値・総コレステロール値・LDLコレステロール値・非HDLコレステロール値が改善され、体脂肪が減り、ウェストがスリムになっていました。

関連研究

これまでの類似研究でも、アーモンドにコレステロール値を改善したり腹部脂肪を減らしたりする効果のあることが示されています。 ただ、こうした研究にはアーモンドの業界団体が資金を提供しているケースが少なくありません。

今回と同じ研究チームが "Nutrition Research and Practice" 誌に発表した研究では、食前にアーモンドを食べると体脂肪率が改善され、間食としてアーモンドを食ると血中資質が改善されるという結果になっています。