アーモンドでコレステロール値を改善

(2017年11月) "Journal of the American Heart Association" に掲載されたペンシルバニア州立大学の研究によると、アーモンドがコレステロール値の改善に役立つ可能性があります。

研究の方法

30~70才の肥満者31人に、次の4つのパターンの食生活をそれぞれ4週間ずつ続けてもらいました:
  1. 平均的な米国人の食生活
  2. アーモンドを毎日42.5g食べる食生活
  3. ココア・パウダーを18gおよびダーク・チョコレートを43g食べる食生活
  4. 上記2と3の両方(アーモンドとココアとチョコ)を食べる食生活

1つの食生活パターンと別の食生活パターンとの間には2週間の空白期間を設けました。各パターンに含まれるカロリーは同じでした。

結果

2の食生活を続けたときには1の食生活を続けたときに比べて、総コレステロール値が4%、非HDLコレステロール値(*)5%、およびLDLコレステロール値が7%下がっていました。
(*) 総コレステロール値からHDL値を差し引いた数字。 悪玉コレステロールのマーカーとしてLDL値よりも包括的。

チョコレート(ココア)はコレステロール値にあまり影響していませんでした。血糖値は上がっていました。

資金提供

この研究には、ハーシー社(チョコレートの会社)やカリフォルニアのアーモンド業界団体が資金を提供しています。