コンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。

既存の薬に円形脱毛症の原因となるT細胞をブロックする効果②(写真)


左の写真は何も塗らなかったマウス、右の2つの写真は2種類のJAK阻害薬(トファシチニブというリウマチ治療薬とルクソリチニブという骨髄増殖性腫瘍治療薬)を体の右半分にだけ塗られたマウス。 (Licensed under CC BY 4.0