閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

アルツハイマー病は脳だけではない全身的な病気?

(2017年11月) "Molecular Psychiatry" 誌に掲載された中国人民解放軍第三軍医大学などの研究によると、アルツハイマー病の発症には脳だけではない全身が関与しているのかもしれません。

研究の方法

アミロイドβ(アルツハイマー病患者の脳に蓄積が見られる毒性のタンパク質)を大量に作り出しアルツハイマー病を発症するように遺伝子改造されたマウスを普通のマウスと外科手術により一体化させて血液を共有させるという非人道的な鼠体実験を行いました。

結果

アルツハイマー病のマウスと結合させられたマウスは12ヶ月後にアルツハイマー病に「感染」しました。 アルツハイマー病のマウスから血流を介して移動してきたアミロイドβが、本来は健康なマウスの脳に達してそこに蓄積し、アルツハイマー病になったときと同じように脳細胞にダメージを与えたのです。

解説

アミロイドβは脳以外に血小板・血管・筋肉でも作られますし、アミロイドβの材料にあたるタンパク質が体内の複数の臓器から検出されてもいますが、脳の外部で作られたアミロイドβが脳に入り込んでアルツハイマー病の発症に関与しているのかどうかは不明です。 今回の研究によると、脳の外部で作られたアミロイドβもアルツハイマー病の発症に関与しているかもしれません。

研究者によると、血液脳関門(*)が加齢で老朽化して血流中のアミロイドβが脳に侵入しやすくなって、脳におけるアミロイドβの蓄積が促進されるのかもしれません。
(*) 血流と脳を隔てて血液中の有害物質が脳に入り込まないないようにするための防御機構。血管の網で出来ている。

血液脳関門とアルツハイマー病と睡眠

これまでの研究で次のようなことが示されています:
  • アルツハイマー病の初期患者は同年代の健常者よりも血液脳関門の浸漏がひどい。
  • 睡眠不足により血液脳関門が劣化する。(動物実験)
  • 睡眠不足であったり睡眠の質が低かったりする高齢者はアルツハイマー病になるリスクが高かったりアルツハイマー病が進行しやすかったりする。
  • 睡眠によって脳に蓄積するアミロイドβが減少する。