アルツハイマー病の症状軽減にアロエが有効

(2013年5月) "Journal of Alzheimer’s Disease" に掲載されたマイアミ大学の研究によると、アロエのサプリメントがアルツハイマー病の症状軽減に有効かもしれません。

サプリメントの成分

この研究で用いられたのは "New Eden" という名称のサプリメントで、その成分はアロエの葉の粉末の他に、米ぬか・システイン・イノシトール6リン酸・大豆レシチン・ヤム芋の粉末・オメガ3脂肪酸・クエン酸・グルコサミン・サクランボ粉末・カルシウム・アルミノ珪酸塩です。 それぞれの含有量は不明です。

研究の内容

この研究は小規模なもので、中度~重度のアルツハイマー病患者34人を被験者としました。 このサプリメントを12ヶ月間にわたって摂取したところ、34人のうち46%で認知機能が改善しました。すなわち、標準的な認知テストで成績が臨床的に有意に上昇(≧ 4ポイント)し、さらに、幹細胞の生産量が平均で377%(約4.8倍)に増加したのです。 幹細胞量の増加は、脳が修復されていることのエビデンスだそうです。

事例
一部の患者では、認知テストでは計測不可能なほどの改善が見られました。
  1. 摂取期間の始めにおいて歩くことも喋ることも出来なかった90歳の女性が、摂取開始から3~6ヶ月目のあたりで車椅子から立ち上がり、言葉を話しました。 会話としては成立しない発話でしたが、それまで一言も口をきかなかった人が言葉を話したのです。 この女性を担当していた研究グループの一人に、名前で呼びかけたこともあったそうです。
  2. 数年前にアルツハイマー病を発症し、息子の名前もろくに言えないようになっていた患者が、このサプリメントの摂取を開始してから、息子や他の事柄に関して細かいことまで思い出せるようになりました。 彼の奥さんは「彼が戻ってきた」と喜んだそうです。
  3. ご主人がアルツハイマー病の奥さんの介護をしていたケースでは、(サプリメントの摂取開始後に)いつものように一緒に昼食に出かけたところ、帰り道で突然奥さんが、家に帰るまでの道順を指示し始めました。 アルツハイマー病が進行した患者で、道順を把握しているというのは驚くべきことなのです。
補足

このサプリメントには、上記のようにアロエ以外の成分も色々と含まれていますが、研究者は、アルツハイマー病に効果があったのはアロエだと考えています。

被験者たちが摂取した量は、1日あたりティースプーンに4杯。 食事や飲み物に混ぜて頂きました。 副作用はほぼありませんでした。

宣伝パンフレットのようなニュースですが、この研究者は New Eden を作っている会社からの資金提供を受けていません。