閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

青竹踏みが尿のトラブル・便秘・冷え性に効く!

(2016年12月) "BMC Complementary and Alternative Medicine" に掲載された信州大学の研究で、青竹踏みが下部尿路症状(*)・便秘・冷え性に効くという結果になりました。出典: Impact of ao-dake-humi, Japanese traditional bamboo foot stimulator, on lower urinary tract symptoms, constipation and hypersensitivity to cold: a single-arm prospective pilot study
(*) 頻尿・尿漏れ・排尿障害など。
研究の方法

平均年齢65才の日本人24人に28日間にわたり1日2回(1回あたり2分)の青竹踏みを続けてもらいました。 24人のうち下部尿路症状(*)があったのは21人、便秘だったのは11人、冷え性だったのは17人でした。

結果
青竹踏みによって、頻尿・尿漏れ・排尿障害などについて尋ねたアンケートのスコアが改善し、トイレに行く頻度が減りました。 便秘と冷え性の症状について尋ねたアンケートでも、症状の軽減が見られるという結果でした。
解説

上の図は研究チームが作成したものです。 この図によると、青竹踏みによって足のツボが刺激され、その刺激が下部尿路症状・便秘・冷え性の3つに同時に作用します。

さらに、ツボ刺激により冷え症が改善されることの影響が下部尿路症状にも及びます。 つまり青竹踏みは、直接的に下部尿路症状を軽減するだけでなく、冷え性の改善を介して間接的にも下部尿路症状を軽減するというわけです。

また、ツボ刺激による下部尿路症状と便秘の症状の改善は、互いに影響を及ぼしあいます。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.