果汁100%ジュースが加糖飲料より健康的かどうかは未だ不明(レビュー)

(2019年5月) オタワ大学などの研究グループが、100%果汁のジュースと加糖飲料との健康への影響の違いについてこれまでの研究をまとめたレビューを "Nutrients" 誌に発表しています。

レビューの要旨

  1. 遊離糖(*)を過剰に摂取する人が多いと代謝疾患のリスク要因(脂質異常など)を抱える人も多いというデータがあるが、果汁100%のジュースも加糖飲料と同様に遊離糖を含有している。 ということは、果汁100%ジュースを飲むのは加糖飲料を飲むのと同様に健康にとって有害なのだろうか?
    (*) WHOの定義によると、蜂蜜・シロップ・果物ジュースに天然に存在する糖類、および製造元や消費者が食品に添加する糖類(単糖または二糖)。
  2. この疑問の答えを見つけ出すべくこれまでの研究に目を通した我々は、果汁100%ジュースと加糖飲料を同じ飲用量で比較して代謝面への影響が同じであるのかどうか(現時点では)不透明であるという結論に達した。
  3. これまでの研究が果汁100%ジュースの種類・飲用量・飲用期間・研究デザイン・検査項目など重要な点において異なっているため、果汁100%ジュースの飲用が血中脂質に影響を及ぼすかどうか他人様にアドバイスできるほどに明確に判断することが不可能なのである。
  4. 果汁100%ジュースは果たして加糖飲料よりも健康的なのか? この疑問に答えるには今後、ランダム化比較試験をもっと行う必要がある。