閲覧以外でのコンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

人口甘味料はダイエットに向かない。 ウェストが特に太りやすい

(2016年12月) "Plos One" に掲載された米国立衛生研究所(NIH)の研究によると、アスパルテームなどの人口甘味料を使用していると腹部に脂肪が付きやすくなる恐れがあります。

研究の方法
1,454人の米国人男女(男性741人)の10年分ほどのデータを用いて、人口甘味料(*)の使用と体重との関係を調べました。 データの分析においては、年齢・性別・食生活・運動量など様々な要因を考慮しました。
(*) アスパルテーム、サッカリン、アセスルファム・カリウム(アセスルファムK)、スクラロースの4種類。
結果

調査開始の時点で785人(男性51.7%)が人口甘味料を使用していました。

人口甘味料を使用していたグループは使用していなかったグループに比べて、BMI0.8ポイント高く、ウェスト・サイズが2.6cm大きく、腹部肥満(*)に該当することも多くなっていました。
(*) ウェストのサイズが男性は102cm、女性は88cmを超えると腹部肥満とみなされる。
結論
研究チームは「人口甘味料はダイエットには向かないかもしれない」と結論付けています。