閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

〔記事リスト〕 自閉症の民間療法・代替療法

以下は、これまでに「最新健康ニュース」で紹介した自閉症の民間療法・代替療法に関するニュースです。
  • スルフォラファン
    ブロッコリーやカリフラワー、キャベツなどのアブラナ科の野菜から抽出したスルフォラファンという成分を13~27才の自閉症男子に服用させたところ、自閉症的な行動に改善が見られた。 しかし、服用終了から4週間後には、大部分の症状が元に戻っていた。 ブロッコリーなどの成分「スルフォラファン」が自閉症に効果?
  • 寄生虫、熱いお風呂
    1. 自閉症の成人に豚鞭虫(べんちゅう)という寄生虫(豚の体には定着するが人体には定着しない)の卵を飲み込ませたところ、適応力が増加し、同じことを何度も繰り返す行動が減少し、癇癪を起こすことも減った。
    2. 同じ研究グループが、15人の自閉症児を日替わりで38.8℃のお風呂と36.7℃のお風呂に入らせるという実験を行ったところ、38.8℃のお風呂に入った日には、社会的な振る舞いが改善していた。 寄生虫やお風呂が自閉症に効果?
  • グルタミン酸ナトリウムを排除
    加工食品に添加されるグルタミン酸ナトリウム(グルタミン酸ソーダ)という化学調味料を食事から排除することで自閉症が治ったという話が報告されている。 グルタミン酸ナトリウム(加工食品)の排除で自閉症が完治!?
  • GFCF食
    小規模な二重盲検試験でGFCF食に自閉症の症状を緩和する効果はないという結果に。 GFCF食は自閉症の症状緩和に効果なし
  • ビタミンD ⇒ セロトニン
    セロトニン、オキシトシン、バソプレッシンという社会行動に影響がある3つのホルモンはすべてビタミンDにより活性化される。 したがって、自閉症に見られる異常な社会行動の緩和にビタミンDとセロトニンの摂取が有効だと思われる。 セロトニンの生産にはビタミンDが必要。 自閉症児への効果も
  • ビタミンD
    ビタミンDのサプリメントを4ヶ月間服用した自閉症児で自閉症の症状が改善された。 ビタミンDが自閉症の症状改善に効果
  • BCAA
    イェール大学などの研究で、癲癇性自閉症の患者に BCAAをすぐに代謝してしまうという遺伝子的な特異性のあることが明らかになった。 この結果から、癲癇の発作を特徴とする自閉症に分岐鎖アミノ酸(BCAA)が効果があると思われる。 癲癇(てんかん)性の自閉症にBCAAが効果
  • 葉酸
    葉酸のサプリメント服用により自閉症の症状が改善する可能性がある。 葉酸(ビタミンB9)のサプリメントに自閉症の症状を改善する効果
  • 腸内細菌の改善
    健康な腸から採取した腸内細菌群を自閉症(に相当する疾患)のマウスに移植したところ、複数の異常な行動(不安様行動など)の大部分が消滅した。 自閉症様行動の軽減に関係しているのは Bacteroides fragilis という腸内細菌だと特定された。 Bacteroides fragilis はヒトの腸内にも普通に存在する菌である。 腸内細菌叢の改善により自閉症が緩和される可能性
  • 抗性物質
    抗性物質の使用により自閉症の症状が改善したというケースが報告されている。 抗性物質が腸内細菌に影響を与えて自閉症の症状に影響が生じるのではないかと考えられている。 抗生物質で自閉症の症状が改善
  • ブメタニド
    ブメタニドという高血圧の治療に使われる利尿薬が自閉症、特に軽度の自閉症の症状緩和に有効かもしれない。 ブメタニドは動物実験で、自閉症に関与すると考えられているγ-アミノ酪酸(GABA)という神経伝達物質の機能を変更する作用を持つことが確認されている。 ただし、ブメタニドには自閉症を治す効果までは期待できない。 また、低カリウム血症などの副作用が生じる恐れがある。 利尿剤のブメタニドが自閉症症状の緩和に効果
  • オートファジー
    オートファジーの不足によるシナプス過剰が自閉症の原因である可能性がある。 ラパマイシンという薬でオートファジーを正常化することによってマウスの自閉症様の振る舞いが改善された。 カロリー制限&レスベラトロールにオートファジーを促進する効果があるという話もある。
  • 低用量の抗不安薬
    "Neuron" 誌に掲載された研究(マウス実験)によると、自閉症は興奮性ニューロンの活性増加ではなく抑制性ニューロンの活性減少が原因であり、この原因を減衰させるのに抗不安薬が有効かもしれない。 低用量の抗不安薬が自閉症治療に有効かも
  • オキシトシン
    スタンフォード大学などの研究で、ホルモンの一種で社交性を改善する効果がある「オキシトシン」という物質の血中濃度と社交能力欠如の度合いとが反比例の関係にあるという結果になった。 このことからオキシトシンが自閉症児の社交性改善に有効である可能性がある。 オキシトシンは不足している場合にのみ自閉症児の社交性改善に有効かも