ベートーヴェンの名曲のリズムは不整脈のリズム?

(2015年1月) ベートーヴェンは心疾患を抱えていたと一部で推測されていますが、"Perspectives in Biology and Medicine" に掲載されたミシガン大学とワシントン大学の研究グループ(心臓学者や、歴史医学者、音楽学者で構成)の論文によると、ベートーヴェンが作った曲に彼の不整脈が影響している可能性があります。

この研究で、心疾患の影響が曲に現れていないかと、ベートーヴェンが作曲したいくつかの曲を分析したところ、著名ないくつかの曲の一部にベートーヴェンの心臓の不整脈に起因する不規則なリズムが反映されていると思われる節があったのです。

不整脈というのは、心臓の鼓動が早過ぎたり遅過ぎたり乱れたりする病気ですが、ベートーヴェンの曲に特徴的なテンポや調(長調/短調)の唐突な変化が、不整脈に見られる心拍と一致しているように見受けられました。

研究者は次のように述べています:
「心疾患が原因で心臓が不規則に鼓動するとき、その鼓動にはある種のパターンが認められますが、それと同じパターンがベートーヴェンの曲に含まれていると思われます」

研究グループは一例として「ベートーヴェン弦楽四重奏曲変ロ長調 Op. 130」の最終楽章である「カヴァティーナ」を挙げています。 この曲はベートーヴェンが「いつも泣いてしまう」と評価したほどに感情的な曲です。

カヴァティーナは、四重奏の中ほどにおいて突如として変ハ長調へと変化します。 それに伴ってリズムも歪なものへと変化し、暗い感情や方向感覚の喪失を呼び起こす、「息切れ感」と表現できそうなリズムになります。

この部分の演奏者への指示としてベートーヴェンは譜面に「心重く」と記していますが、この「心重く」というのは、悲しみを意味している可能性がある一方で、ベートーヴェンが心臓病ゆえに感じていた圧迫感を意味している可能性もあります。 研究グループは「このセクションの不整脈的な性質は明確である」と述べています。

ベートーヴェンの他の曲では、「ソナタ31番(Piano Sonata in A-flat major, Opus 110)」や「ピアノ・ソナタ第26番 変ホ長調 "告別" Op. 81a」にも不整脈的な性質が見られました。

ベートーヴェンは耳が聴こえなかったことで有名ですが、研究グループによると、耳が聴こえないがために一層、心臓の鼓動に敏感であったとも思われます。
「ベートーヴェンの曲に現れる不整脈的な性質すら彼の天才の発露であった可能性もありますが、それが文字通り彼の心臓の鼓動である可能性も否定できません」