運動習慣と死亡リスク

(2019年3月) "British Journal of Sports Medicine" に掲載された山東大学(中国)などによる研究で、運動(余暇に行う身体活動)をする習慣がある人は死亡リスクが低いという結果になっています。

研究の方法

米国に住む40~85才の男女8万8千人を対象に、運動習慣などに関するアンケート調査を実施したのち9年間前後にわたり生存状況を追跡調査しました。

結果

運動習慣がないグループに比べて、10~59分/週の運動習慣があるだけでも総死亡リスクが18%低下していました。 同様の比較で、150~299分/週のグループでは31%および 1,500分/週以上のグループでは46%の総死亡リスク低下でした(300~1,499分/週の3つのグループでも低下している)。

死因別の分析でも、運動習慣があると死亡リスクが低下していました:
  • 10~59分/週: 心血管疾患 -12%、ガン -14%
  • 150~299分/週:心血管疾患 -37%、ガン -24%
  • 1,500分/週:心血管疾患 -33%、ガン -47%
ガンで死亡するリスクは激しい運動(1)を150分/週以上する場合にしっかりと下がっていました。 心血管疾患死亡リスクは逆に、軽い~中程度の激しさの運動(2)を60~600分/週の範囲内で行う場合にしっかりと下がっていました。

(1) 走る、自転車で疾走する、競技スポーツをするなど。

(2) 速いペースで歩く、ダンスする、庭仕事をするなど。
総死亡リスクと心血管疾患死亡リスクは運動時間が300~400分/週にかけて死亡リスクが急激に低下していました。 ガンの死亡リスクは 1,100分/週にかけて緩やかに降下し続けていました。 心血管疾患死亡リスクは運動時間が500分/週を超える辺りから再び上昇していました(1,500分だと100分と同程度)。