痩せている人には自殺未遂が多い

(2018年3月) "Psychiatry Investigation" 誌に掲載された成均館大学校(韓国)などによる研究で、痩せている人は自殺未遂のリスクが高いという結果になっています。

研究の方法

18~74人の韓国人男女6千人超を対象に、身長・体重・自殺行動・精神的ストレスなどに関するアンケート調査を実施しました。

結果

痩せている(BMIが18.5未満)人は普通体重(BMIが18.5~22.9)の人に比べて、重度のストレスを抱えていたり人生に不満を抱いていることが多く、自殺念慮(死にたいなどと思いめぐらすこと)のリスク(オッズ比)が60%および自殺未遂のリスクが140%(2.4倍に)増加していました。

肥満(BMIが25以上)の人では自殺念慮のリスクが30%増えていたものの、自殺未遂のリスクは増えていませんでした。