閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

朝食時に牛乳を飲むと虫歯のリスクが減少

(2013年7月)イリノイ大学の小児歯科学部の研究によると、朝食時に牛乳をコップ一杯飲むことで、虫歯になるリスクが大きく減少します。 牛乳によって、(虫歯の原因となる)歯垢の酸の量が50%も減少するのだそうです。

研究の方法

20人の成人を4つのグループに分けました:
  1. コーンフレークだけを食べるグループ
  2. コーンフレークに牛乳をかけて食べるグループ
  3. コーンフレークを食べ、果汁100%のりんごジュースを飲むグループ
  4. コーンフレークを食べ、水を飲むグループ
コーンフレークには砂糖で味が付けられていました。

そして、食後30分の時点で、各グループの口内の pH (数字が小さいほど酸性で歯に悪い)を計測しました。

結果

食後の口内のpHが、グループ1およびグループ3で平均5.8、そしてグループ4で6.0であったのに対して、グループ2では6.5でした。 牛乳を飲んだグループで口内のpHがもっとも中性に近かったというわけです。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.