閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

乳ガンのリスクを増加させる6つの要因

乳ガンのリスク要因には、遺伝的要因のように自分ではどうしようもないものもありますが、自分の判断でどうにかできるものもあります。

乳ガンのリスクを増加させる要因
  • 肥満(主に閉経後の女性で)
  • 運動不足
  • ホルモン補充療法
  • 飲酒
  • 喫煙
  • 電離放射線(CTスキャン、歯科医院で使われるX線、マンモグラフィーなど)

これらの要因を避けることで乳ガンのリスクがどの程度軽減されるのかは不明ですし、人によっても違う可能性があります。 さらに、今後の研究で各要因それぞれが僅かずつしか乳ガンのリスク減少に寄与しないと明らかになる可能性もあります。

しかしながら、禁煙したり日常的に運動したりするのはガン以外の健康全般にとっても有益です。

乳ガンのリスクを増加させる可能性があるもの

以下は、乳ガンのリスクを増加させる可能性があるがエビデンス(証拠)が不十分なものです:

  • 気化したガソリン、車の排気ガス
  • ビスフェノールA(BPA)
  • 殺虫剤
髪染めや携帯電話では、乳ガンのリスクは増加しないと考えられます。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.