母乳で育てた子供は IQ が高い①

(2013年7月) ボストン子供病院の研究によると、母乳を与える期間が長いほど言語能と知能のテストの成績が僅かですが良くなります。 ただし、運動能力と記憶力には母乳の影響は見られませんでした。

研究の方法

この研究では、1,312人の母親に母乳を与えた期間を尋ねたうえで、母親と子供の両方に知能テストを受けてもらいました。

結果

子供たちが3歳の時点で実施した言語能力テストでは、母乳を与える期間が1ヶ月長くなるごとに、テストの成績が0.21点増加していました。 平均点は103.7点で、生後半年間にわたって母乳のみを与えられた子供たちの平均点と、母乳を与えられたことの無い子供たちの平均点とでは、3点の差がありました。 この結果は、母親の知能や世帯収入など、子供の知能に影響する要因を考慮した後のものです。

子供たちが7歳の時点で実施した知能テスト(言語能力のテストを含む)では、母乳を与える期間が1ヶ月長くなるごとに、テストの成績が0.35点増加していました。 平均点は112.5点でした。 知能テストは、100点が基準点とされます。 (したがって、112.5点という今回の参加者の平均点がすでに水準以上というわけですね)

解説

この研究に参加しなかった専門家によると、アミノ酸や、オメガ3脂肪酸、コレステロールなど、母乳に含まれるどの成分も脳の発達にとって重要です。

今回の研究は、母親の知能などの要因を加味したという点が従来のものと一味違います。 ただし、いずれにせよ研究者によると、知能テストの数点程度の違いは親も教師も気付かない程度のものです。