閲覧以外での当サイトのコンテンツの利用をお考えの方は必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

母乳には肥満防止効果もある

(2013年8月) 岡山大学大学院などの研究によると、母乳で育てると小学校に入る頃に肥満であるリスクが減少します。

この研究では、43万人以上の7~8歳児の乳児期の食事と肥満度(普通体重、過体重、肥満)を調査しました。

その結果、性別や、テレビ視聴時間、ゲーム機で遊ぶ時間、母親の状況(教育水準、喫煙習慣、働いているかどうか)など、肥満に影響を与える可能性のある要因を考慮しても、生後6~7ヶ月まで母乳のみで育てられた子供では、人工ミルクで育てられた子供よりも、過体重や肥満のリスクが減少していることが明らかになりました。