褐色脂肪と白色脂肪のバランスを左右する要因 「p62」

肥満の多くは、単なる過食と運動不足が原因ではありません。 体内の「何か」が狂ってしまった結果、貯えられる脂肪が増加し、燃焼するエネルギーが減少しているのです。

米国の研究グループによると、p62 というタンパク質が、この「何か」です。 p62 が脂肪組織から失われているために体の代謝バランスが崩れて、善玉の(カロリーを燃焼してくれる)褐色脂肪が阻害され、悪玉の白色脂肪が助長されるというのです。

研究グループは過去に、p62 タンパク質を全く持たないマウスを作るという実験を行い、マウスが肥満およびメタボリック・シンドロームになるという結果を得ています。 p62 の無いマウスでは、普通のマウスよりも体重が増加量が多く、エネルギー消費量が少ないうえに、肥満の特徴である超炎症性応答(hyper-inflammatory response)と糖尿病が見られたのです。

このように、p62 が肥満の要因であることは既に判明していましたが、以前の研究で用いたマウスでは、あらゆる組織において p62 が失われていたため、どの組織(筋肉、脂肪、肝臓、脳など)が問題なのかは不明でした。

そこで今回の研究では、p62 の存在しない器官が異なる複数の種類のマウスを作りました。 例えば、中枢神経系にのみ p62 が存在しないとか、肝臓、あるいは筋肉にのみ p62 が存在しないといった具合です。

ところがその結果、肥満になったマウスはいませんでした。

そこで研究グループは次に、脂肪組織でのみ p62 が存在しないマウスを作りました。 そうすると、このマウスは肥満になりました。

さらに研究を進めたところ p62 が、ERK という酵素の作用をブロックし、その一方で p38 という酵素を活性化させていることがわかりました。 p62 が失われていると、褐色脂肪中の p38 の活性が減少する一方で、白色脂肪中の ERK の活性が増加していたのです。

研究者は次のように述べています: 「p62 が無いと、脂肪がたくさん作られ、エネルギーは燃焼されません。 エネルギーを貯える必要があると体が判断してしまうのです」

p38 が活性化すると褐色脂肪が増え、ERK が増加すると白色脂肪が増えるということでしょうか?