閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

カルシウムのサプリメントでカロテノイド類の吸収が妨げられたりはしない

(2017年6月) カルシウムやマグネシウムなどの2価のミネラルがカロテノイドの体内での利用を妨げる恐れのあることが最近の研究で示されていますが、"British Journal of Nutrition" に掲載された研究によると、カルシウムのサプリメントを服用してもカロテノイド類の人体への吸収が妨げられる心配は無いようです。
カルシウムは2価のミネラルの中で食品中の含有量が最も多いミネラルです。

研究の方法

20~46才の健康な被験者24人に、ほうれん草を用いた料理にカルシウムを添加したりしなかったりしたものを食べてもらい、食後の10時間のうちに血液検査を何度か行ってホウレンソウに含有されるカロテノイド(ルテイン・βカロテン・βクリプトキサンチン)の吸収率を調べました。

ほうれん草の料理は次の3種類でした:
  • カルシウム(炭酸カルシウム)を添加していないもの
  • カルシウムを500mg添加したもの
  • カルシウムを1g添加したもの

24人の被験者全員に3種類の料理すべてを、それぞれ別の日に(1週間の空白期間を設けて)食べてもらい、カロテノイドの血中濃度を比較しました。

結果

カルシウムを500mg添加した場合にも1g添加した場合にも、カロテノイドの吸収効率への悪影響は見られませんでした。

カロテノイドについて

カロテノイドとは、αカロチンや、βカロチン、リコピン、ルテイン、ゼアキサンチン、βクリプトキサンチンなど主に果物や野菜などに含まれている天然色素のことです。

カロテノイド類は全般的に、抗酸化効果を有しています。 αカロチンやβカロチンやβクリプトキサンチンは体内でビタミンA(レチノール)へと変換されます。

カロテノイドの効率的な摂取方法

カロテノイドは脂肪と同時に摂取すると効率的に吸収されます。 卵を同時に食べるとカロテノイドが吸収されやすくなるという話もあります(卵の黄身それ自体にもルテインとゼアキサンチンが含有されています)。