閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

カモミールで睡眠の質が向上

(2017年11月) "Complementary Therapies in Medicine" 誌に掲載されたカーシャーン医科学大学(イラン)の研究で、ハーブティーでお馴染みのカモミールにより高齢者の睡眠の質が改善されるという結果となっています。

研究の方法

介護施設に住んでいる60才以上(平均年令は約70才)のイラン人男女60人を2つのグループに分けて、一方のグループにのみカモミール・エキス200mgがぎゅっと詰まったカプセルを28日間にわたり1日に2回服用してもらいました。 この間もう一方のグループはプラシーボとして小麦粉200mgが詰まったカプセルを飲みました。

そして、試験期間の直前~試験終了の2週間後にかけて両グループを対象にPSQI(Pittsburgh Sleep Quality Index)によるアンケート調査を4回実施して睡眠の質を調べました。

PSQIの質問項目

PSQIでは次のような質問をします:
  • 就寝時間と起床時間。
  • 布団に入ってからすぐに寝付けるか?
  • 夜中に目覚めてしまうか?
  • 快適に眠れるか? (暑さ・寒さ・痛み・咳の有無)
  • 嫌な夢を見たりしないか?
  • 無気力や昼間の眠気が生じていないか?
  • ぐっすり眠れているという感覚はあるか?

結果

試験開始の時点では両グループともに睡眠の質が低かったのですが、試験期間後にはカモミールを服用したグループのほうがプラシーボのグループに比べて睡眠の質が良好でした。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇