閲覧以外での当サイトのコンテンツの利用をお考えの方は必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

日常的に運動をしていてもマイカー通勤だと太る

(2013年1月) "Preventive Medicine" 誌に掲載されたオーストラリアの研究によると、自家用車で通勤する人は、電車やバス、自転車で通勤する人よりも太りやすいと考えられます。

一週間あたり2時間半以上の運動をしている人たちでも、マイカー通勤をしている場合には4年間で平均4ポンド(1.8キロくらい)体重が増加していたのです。 これに対して、マイカー通勤をしない人や自宅で仕事をする場合の体重増加量は3ポンドでした。

研究の対象となった822人のうち、4年間のあいだに体重が増えなかったのは、毎週運動したうえで自家用車以外の手段で通勤していた人たちだけでした。

日常的な運動が不足している人たちは、通勤手段に関わらず全員が4年間のあいだに太りました。

過去の研究にも、一日当たりに車の中で過ごす時間の合計が長いほど肥満になりやすいという関係を指摘するものが複数あり、例えば、2004年に米国で行われた研究では、車の中で過ごす時間が一日当たり1時間増えるごとに、肥満になるリスクが6%増加するという結果が出ています。