閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

自家用車の使用を控えるだけでダイエット効果

(2012年12月) "Preventive Medicine" 誌に掲載されたイリノイ大学の研究によると、車の使用および摂取カロリーと体重とが直接的に関係しており、車の使用と摂取カロリーのいずれかを少し控えるだけでも、BMI の減少につながります。

研究者によると、自家用車の使用を控えるのは食事のカロリーを控えるのと同程度の効果があります:
「車を運転している時間というのは、一日のうちで最も運動量の少ない時間の1つなので、車に乗る時間を減らすだけで簡単に運動量を増やすことができます」

研究グループは、カロリー消費量、BMIの全国平均、運転時間などのデータを用いて、多変量モデルを作成し、カロリー摂取量および運転距離と BMI との関係を調べました。

その結果、米国の成人全員が、車の使用量を1日当たり1マイル減らすと6年後には BMI が全国平均で0.21ポイント減る一方で、一日当たりの摂取カロリーを100 kcal 減らすと3年後には BMI が全国平均で0.16ポイント減るという計算になりました。

研究者の話から察するに、車の走行距離を1マイル減らすといっても、その距離を歩くというわけではなく、自家用車の代わりにバスに乗るということのようです。 バス停まで歩くだけでも100 kcal 程度の消費にはなるそうです。

「何を食べるかを気にするのと同程度に、何で移動するかに気を配ってみてはいかがでしょうか?」と研究者は述べています。