閲覧以外でのコンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

良く噛んで食べるだけで1年間で3.6kgも脂肪が減るはず

(2014年5月) 食べるだけで脂肪が燃焼する食品というのがこの世にはありますが、"Obesity" 誌に掲載された九州大学と東京工業大学の研究によると、食事の仕方によっても消費カロリーが異なります。 食事を良く噛んでゆっくり食べることによって、食事という行為それ自体で消費するカロリーが増加するというのです。

研究の方法

この研究では、普通体重の健康な被験者21人を2つのグループに分けて、一方のグループには100kcal の固形食品を、そしてもう一方には300kcal の固形食品を2回ずつ食べてもらいました。 2回のうちの1回では食品を出来るだけ噛まずにすぐに飲み込んでもらい、もう一回では出来るだけたくさんの回数を噛んでもらいました。

結果

この2回における食事による消費カロリーは次のようなものでした:

100kcal の食品 300kcal の食品
なるべく噛まない 0.2 kcal 0.4 kcal
なるべく噛む 6 kcal 10 kcal

噛む回数を増やすことで消費カロリーが増えるのは、食事を良く噛むことによって味覚が刺激されるためではないかと考えられています。

希望的計算

300 kcal に対して10 kcal というのは約3.3%にあたります。 したがって、全ての食事を良く噛む様にすれば、自動的に摂取カロリーを3.3%減らせるということになりそうです。 例えば1日に 2,000kcal を摂っている人の場合、全ての食事で良く噛む様にすることで66kcal を摂らなかったことに出来ます。

脂肪1グラムを落とすのに必要は消費カロリーは7キロカロリーですから、66kcal といえば脂肪9gほどにあたります。 良く噛んで食べる習慣を1ヶ月続けると、食べる量を全く減らすことなく0.3kg近く脂肪が減るという計算になります。 1年だと、なんと3.6kg。

研究グループによる試算では1.5kg

サイエンス・ポータルによると、研究グループは次のように試算しています:

「体重60キロの人が1日3回の食事をゆっくりよくかんで食べると仮定して試算すると、1年間のエネルギー消費量は 早食いの時より約11,000キロカロリー増える。これは、体の脂肪に換算すると1.5キロの減量に相当する。 ゆっくり食べると、消化管の消化・吸収活動が増え、エネルギー消費量も高くなる」
あと、「固形食品」の正体はカロリーメイトでした。