「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

3~6才児の食生活とADHDの関係

(2018年3月) 安徽医科大学(中国)などの研究チームが子供の食生活とADHD(注意欠陥多動性障害)との関係を調べた横断調査の結果が "European Journal of Clinical Nutrition" に掲載されています。

ADHDとは

ADHD(注意欠陥多動性障害)とは慢性的な発達障害あるいは行動障害のことで、その主な症状は次のようなものです:
  1. 注意力を持続できない
  2. 衝動的な行動
  3. 多動(落ち着かない・せわしない・過度に活発)

研究の方法

中国に住む3~6才の子供1万5千人弱を対象に、食生活に関するアンケート調査やADHDの有無を調べるアンケート調査などを実施しました。

結果

5つ食生活のパターンが特定され、そのうちの3つにおいてADHDの症状が現れているリスク(オッズ比)が次のように増減していました:
  • 加工食品をよく食べる: +56%
  • 間食が多い: +76%
  • ベジタリアンである: -33%
上記のパーセンテージはいずれも、「最も当てはまらない」グループと比べたときの「最も当てはまる」グループの数字。