「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

一人っ子は太りやすい

(2012年)スェーデンのヨーテボリ大学などの研究によると、兄弟や姉妹のいない子供は肥満になりやすい可能性があります。

研究の概要

ヨーロッパ8ヶ国の子供たち12,700人の親を対象にアンケート調査を実施し、子供の食習慣・テレビ視聴時間・外で遊ぶ時間について回答してもらいました。 調査の結果、2~9歳の子供において、兄弟や姉妹がいなければ過体重または肥満になるリスクが50%増加していました。

理由

一人っ子が太りやすい理由の1つははライフ・スタイルの違いにあると思われます。 一人っ子には、外で遊ぶことが少ない・家庭の教育水準が低い・自室にテレビを置いてあることが多いなどの傾向があったのです。

ところが興味深いことに、このようなライフスタイルの違いを考慮に入れた上でなお、兄弟・姉妹の有無と過体重のリスクとのあいだに相関関係が見られました。 つまり、テレビを一切見ず、外で遊んでばかりいるような一人っ子でも、一人っ子であるというだけで太りやすかったのです。