「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

ローストしたコーヒー豆は挽いて粉にする前に冷やすと風味が良くなる

(2016年6月) "Scientific Reports" に掲載されたバース大学などの研究によると、ローストしたコーヒー豆は挽いて粉にする前に冷却することによって風味が向上します。出典: Chill Coffee Beans for a More Flavorsome Brew, Say Scientists

研究の概要

コーヒー豆を常温から-196℃の様々な温度にしたうえで挽き比べたところ、冷たいコーヒー豆のほうが挽いた後の粉のサイズが小さく均一でした。

解説

コーヒー粉の1粒1粒のサイズが小さく均一であると香味成分の抽出量が増えるため、風味も良くなりますし、同じ量の粉を使って淹れられるコーヒーの量が増えます。

今回の発見により、コーヒー業界に大きな衝撃が走ると思われます。