閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

コレステロールの基礎知識

コレステロールの源
コレステロールは脂質の一種で、食事(肉類や乳製品など)によって体外から取り入れられるほか、体内でも肝臓により作り出されています。 体内でのコレステロールの生産量は、飽和脂肪やトランス脂肪の摂取量が多いと増加します。
コレステロールの役割

コレステロールはそのネガティブなイメージとは裏腹に、体にとって大切なものです。 ヒトのすべての細胞は、細胞の生体膜(外側の層)にコレステロールを含んでいます。

コレステロールには次のような役割があります:

  • 細胞膜(細胞の外層)を形成に用いられ、細胞膜中で炭化水素が結晶化するのを防ぐ。
  • 細胞内に侵入できる分子の選別に関与する。
  • 性ホルモン(アンドロゲンとエストロゲン)の生産に関与する。
  • 副腎から放出されるホルモン(コルチゾール、コルチコステロン、アルドステロンなど)の生産に関与する。
  • 胆汁の生産を助ける。
  • 日光をビタミンDに変換する。
  • 脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K)の代謝に関与する。
  • 神経線維を保護する神経鞘の成分となる。
コレステロールの種類

コレステロールは、リポタンパク質という分子に含まれる形で血流中を運ばれます。 リポタンパク質はタンパク質と脂質から成る化合物で、よく知られているのは次の2種類です:

LDL(低密度リポタンパク質)

LDLには肝臓から細胞までコレステロールを運ぶという役目があります。 細胞で使用される量を超える大量のコレステロールが運ばれると、コレステロールの蓄積が原因で動脈疾患のリスクが増加します。

血中に過剰に存在するLDLコレステロールは他の物質と結合してプラークを形成し、徐々に血管壁に蓄積します(アテローム性動脈硬化)。 こうして蓄積したプラークは血流の循環を妨げて心臓に負担をかけるだけでなく、プラークが血管壁からはがれた場合には血栓が生じ、それによって脳へとつながる動脈が(動脈硬化により既に狭くなっていて)塞がれると脳卒中が起こりますし、心臓へとつながる動脈が塞がれると心臓発作が起こります。

HDL(高密度リポタンパク質)

HDLは肝臓で作られ、体中の細胞からコレステロールを取り去って肝臓に戻します。 肝臓に戻されたコレステロールは分解されるか老廃物として体外に排出されます。 HDLは、血管に形成されたプラークからもコレステロールを抜き取り、動脈硬化を軽減してくれます。

トリグリセライド

LDLとHDLの以外で良く知られている血中指標に「トリグリセライド(中性脂肪)」というものがあります。

脂肪の大部分はトリグリセライドの形で体内および食物中に存在します。 体内では血液中に存在して血中脂肪を形成します。 血中のトリグリセライドは、食事に含まれる脂肪分に由来するか、あるいは体内で炭水化物などのエネルギー源から作られます。 摂取したカロリーのうち体が直ちに用いない分が、トリグリセライドに変換されて、脂肪細胞に貯えられるのです。 そして、食料の無いときにエネルギーが必要となった場合に、脂肪細胞からトリグリセライドが放出されてエネルギーとして使われます。 このプロセスはホルモンがコントロールしています。

トリグリセライドはリポタンパク質ではなく、リポタンパク質の一種である超低比重リポタンパク(VLDL)やカイロミクロンの成分となります。 VLDLもカイロミクロンも、悪性とされるRLPコレステロールの原料となります。

血中脂質の検査

脂質異常の診断は血液検査により行われます。 検査前の少なくとも12時間前から何も食べてはいけません。 血液検査では、LDL・HDL・TG(トリグリセライド)がわかります。

ヒトの総コレステロールの量は 3.6~7.8 mmol/L と幅がありますが、英国の国民健康保険制度(NHS)のガイドラインでは 6 mmol/L を超えるとコレステロールが多過ぎで、動脈疾患のリスクが有意に増加するとされています。 英国の保健省では 5 mmol/L 未満を総コレステロールの目標値としています(英国人の平均的なコレステロール値は 5.5 mmol/L 前後)。 (mmol:ミリモル)

血中脂質値の目安
以下は、欧米における血中脂質値値の一般的な目安です。 血中脂質値は、mg/dL (ミリグラム/デシリットル) または mmol/L (ミリモル/リットル)という単位で表されます。

<総コレステロール>
状態 mg/dL の場合 mmol/L の場合
正常 200 mg/dL 未満 5.2 mmol/L 未満
少し高い 200~239 mg/dL 5.2~6.2 mmol/L
高い 240 mg/dL 以上 6.2 mmol/L 超

<LDLコレステロール>
状態 mg/dL の場合 mmol/L の場合
心臓疾患患者に望ましい 70 mg/dL 未満 1.8 mmol/L 未満
心臓疾患リスクのある人に望ましい 100 mg/dL 未満 2.6 mmol/L 未満
ほぼ適正 100~129 mg/dL 2.6~3.3 mmol/L
少し高い 130~159 mg/dL 3.4~4.1 mmol/L
高い 160~189 mg/dL 4.1~4.9 mmol/L
非常に高い 190 mg/dL 以上 4.9 mmol/L 超

<HDLコレステロール>
状態 mg/dL の場合 mmol/L の場合
理想的 60 mg/dL 以上 1.5 mmol/L 超
良好 50~59 mg/dL 1.3~1.5 mmol/L
不良 男性 40 mg/dL 未満
女性 50 mg/dL 未満
男性 1.0 mmol/L 未満
女性 1.3 mmol/L 未満

<トリグリセライド>
状態 mg/dL の場合 mmol/L の場合
正常 150 mg/dL 未満 1.7 mmol/L 未満
少し高い 150~199 mg/dL 1.7~2.2 mmol/L
高い 200~499 mg/dL 以上 2.3~5.6 mmol/L 以上
非常に高い 500 mg/dL 以上 5.6 mmol/L 超

トリグリセライドの理想値
米国心臓協会によると、トリグリセライド値が 100 mg/dL(1.3 mmol/L)以下であるのが理想的で、この水準を維持することによって心臓の健康が改善されます。 ただし米国心臓協会は、100 mg/dL 以下のトリグリセライド値を達成するためにコレステロール低下薬を用いることを推奨していません。 100 mg/dL 以下のトリグリセライド値を目指す場合には、食事や運動などの生活習慣の改善を行いましょう。 トリグリセライドは生活習慣の改善に良く反応してくれます。
脂質異常症

LDLコレステロールやトリグリセライドが多過ぎたり、HDLコレステロールが少な過ぎる状態のことを「脂質異常症」と言います。 脂質異常症には次の3つのタイプがあります:

  1. LDLコレステロールが多過ぎる(140mg/dL以上)タイプ - 高(LDL)コレステロール血症
  2. トリグリセライドが多過ぎる(150mg/dL以上)タイプ - 高トリグリセライド血症
  3. HDLコレステロールが少な過ぎる(40mg/dL未満)タイプ - 低HDLコレステロール血症

1と2を併せて「高脂血症」と言い、1~3を併せて「脂質異常症」と言います。

脂質異常の症状
脂質異常の症状そのものは、医師や患者本人が触ったり見たりして特定できる形では存在しません。 脂質異常は、コレステロールが高い人に見られるアテローム性動脈硬化の症状から判断されます。 アテローム性動脈硬化の症状は次のようなものです:
  • 心臓の冠動脈が細くなる(狭心症)
  • 運動時の脚の痛み ― 脚の動脈が細くなるのが痛みの原因です。
  • 血栓および血管の破裂 ― 脳卒中やTIA(軽度の脳卒中)の原因となります。
  • プラークの破裂 ― 冠動脈血栓症(心臓に血液を送る動脈のひとつで血栓が形成される)の原因となります。 プラークの破裂の破裂により心筋(心臓の筋肉)に著しいダメージがあると心臓発作になることがあります。
  • 黄色腫 ― 肌(特に目の辺り)に黄色くて厚みのある斑点が生じます。 黄色腫はコレステロールが蓄積したものです。 この症状は、遺伝的にコレステロールが蓄積しやすい人によく見られます。
脂質異常が招く病気
脂質異常によって次のような病気になるリスクが増加します:
  • アテローム性動脈硬化 ― 血管の内側にコレステロールやカルシウムなどから成るプラークが蓄積して血管が狭くなります。
    2014年1月に発表された Cleveland Clinic の研究(英文)によると、アテローム性動脈硬化になると、動脈において善玉コレステロールに含まれる「アポリポたんぱく質 A1(apoA1)」が大量に酸化してしまい、心血管の健康に有益であるはずの善玉コレステロールが逆に、冠動脈疾患の発症に寄与します。 つまり、コレステロールの蓄積によって最終的に、善玉コレステロールまで悪玉になってしまうというわけです。 apoA1 は善玉コレステロールに存在する主要なタンパク質で、コレステロールを動脈壁から肝臓に移動するという善玉コレステロールの機能も apoA1 に由来しています。
  • 心臓病 ― 心臓に血液と酸素を運ぶ動脈に、コレステロールなどが原因で異常が生じます。
  • 心臓発作 ― 心臓の筋肉の一部への血液と酸素の供給がブロックされることで生じます。 冠動脈に出来る血栓(コレステロールも血栓の一因)が原因であることが多い。
  • 狭心症 ― 心臓の筋肉に運ばれる血液の量が不足しているときに生じる胸の痛みや不快感。
  • 脳卒中 ― 動脈または静脈に血栓が詰まり、脳への血流が阻害されることで生じます。脳への血流が阻害されることによって脳細胞が死滅し始めます。
  • 冠状動脈性心疾患(CHD) ― コレステロール値とトリグリセライド値の両方が高い場合に、CHDのリスクが増加します。
  • 乳ガン - 確定はしていませんが、コレステロールが高い女性では乳ガンになるリスクが増加する可能性があります。
  • 不妊 ― 血中コレステロール量が多いカップルでは妊娠しにくいという結果になった研究があります。
脂質異常のリスク要因
1. 生活習慣
  • 体重 ― 肥満や過体重の人は、LDLが高くHDLが低くなる傾向にあります。
  • 喫煙 ―LDLの量に相当な影響があります。
  • 飲酒 ― 日常的に過度の飲酒をする人では、LDLが高くHDLが低くなる傾向にあります。
  • 栄養 ― 卵や肝、一部の海産物などの食品にもコレステロールは含まれますが、これらはヒトの血中コレステロールの値にあまり影響はありません。 血中コレステロール値に影響があるのは飽和脂肪酸です。 飽和脂肪酸は、赤身の肉、ソーセージ、堅いチーズ、ケーキ・菓子類、ラード、生クリームなどに含まれます。
  • 座りがちな生活 ― 運動量が少なくて、座ったり横になったりしている時間が長い人では有意に、LDL(悪玉コレステロール)が高く、HDL(善玉コレステロール)が低いことがわかっています。
2. どうにもならないリスク要因
脂質異常のリスク要因のうち自分の力ではどうにもならないものは次の通りです:
  • 遺伝子①第一度近親者の中に、男性では55歳未満、女性では65歳未満のときに冠状動脈性心臓病(CHD)または脳卒中になった人がいる場合には、脂質異常症のリスクが増加します。
  • 遺伝子② ― 第一度近親者の中に脂質異常の人がいる場合にも、脂質異常のリスクが増加します。
  • 性別 ― 男性は女性よりも脂質異常症になるリスクが高くなります。
  • 年齢 ― 年を取るほどアテローム性動脈硬化のリスクが増加します。
  • 早期の閉経 ― 人よりも早く閉経が訪れた女性では脂質異常症のリスクが増加します。
  • 人種 ― インド亜大陸地方(パキスタン、バングラデシュ、インド、スリランカ)の人たちは、脂質異常症のリスクが高くなります。
3. 他の疾患
次のような疾患によりLDLが高くなることがあります:
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 高トリグリセライド血症
  • 腎臓病
  • 肝臓病
  • 甲状腺機能低下症
脂質異常の対策

脂質異常への対策は基本的に、脂質異常の原因となる生活習慣の真逆です。 すなわち、タバコを吸わず、過度の飲酒を控え、食事と運動に気を使って適正な体重を維持すれば良いというわけです。 十分(毎日8時間)な睡眠を取るのも有益です。

体重
体重を5~10%減らすだけでもコレステロールの改善にとって有益であることが知られています。 運動習慣と食事内容を見直してダイエットに励みましょう。
運動
太っていてもいなくても、脂質異常症を予防/改善するには運動が有効です。 運動にはHDLコレステロールを増やす効果もあります。 40分程度の中~高強度の有酸素運動(ウォーキングや水泳、自転車、ダンスなど)を週に3~4回行うと良いでしょう。
食事

米国心臓協会はコレステロールを改善するための食事として、果実・野菜・全粒穀物・低脂肪の乳製品・鶏肉・魚・ナッツ類を積極的に食べることを推奨しています。野菜や果物に含まれる食物繊維や、魚に豊富に含まれるオメガ3脂肪酸にはLDLコレステロールを減らす効果があります。

逆に、赤身肉単純炭水化物は控えることが推奨されています。

LDLコレステロールは体内でも作られていますが、肉類に多く含まれる飽和脂肪とトランス脂肪を摂ることによって増加します。 米国心臓協会では、飽和脂肪の摂取量を総摂取カロリーの7%未満(摂取カロリーが 2,000kcal/日の人であれば16g未満)に、そしてトランス脂肪の摂取量を総摂取カロリーの1%未満(摂取カロリーが 2,000kcal/日の人であれば2g未満)に抑えることを推奨しています。
飽和脂肪を多く含む食品
飽和脂肪は主として、牛肉・豚肉・鶏肉・乳製品などの動物性食品に含まれています。 これらの動物性食品にはコレステロールそれ自体も含まれています。 植物油の中にもココナッツ・オイルやパーム油などのように飽和脂肪を含むものがあります。 「飽和脂肪」の対義語は「不飽和脂肪」で、前出のオメガ3脂肪酸というのは多価不飽和脂肪です。
心血管疾患(心臓病や脳卒中)のリスクが高い場合には食事の改善だけでは心血管疾患のリスクが下がらないことを多くの専門家が指摘していますが、健康的な食事にはコレステロール改善以外にも多数のメリットがあります。
コレステロール低下薬
生活習慣を改善しても依然としてコレステロール値が高い場合には、コレステロール低下薬が処方されます。 コレステロール低下薬には次のようなものがあります:
  • スタチン(HMG-CoA 還元酵素阻害薬) ― この薬は、肝臓のコレステロールを作る酵素をブロックします。 この薬を服用する場合の目標値は、コレステロールが 4 mmol/L 未満、LDLが 2 mmol/L 未満です。スタチンはアテローム性動脈硬化の治療に有効です。 副作用としては、便秘、頭痛、腹部痛、下痢などがあります。 スタチンは、アトルバスタチン、フルバスタチン、ロバスタチン、プラバスタチン、ロスバスタチン、シンバスタチンなどの薬品名で流通しています。
  • アスピリン ― 16歳未満の人は服用してはいけません。
  • トリグリセライド低下薬 ― フィブリン酸誘導体が成分で、ゲムフィブロジル、フェノフィブレイト、クロフィブレイトなどの薬品名で流通しています。
  • ナイアシン ― ビタミンBの一種で様々な食品に含まれていますが、大量に摂取するには医師の処方が必要です。 ナイアシンには、LDLとHDLの両方を低下させる作用があります。 副作用は、皮膚の痒み、頭痛、ホットフラッシュ、(軽微な)疼きなどです。
  • 降圧剤 ― 高コレステロールの人に高血圧が見られる場合には、ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬や、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)、利尿剤、βブロッカー、カルシウム拮抗剤(血管拡張作用がある)などの降圧剤が処方されることがあります。
コレステロール吸収阻害薬(エゼチミブ)や、胆汁酸隔離剤(BAS)が処方されることもありますが、これらの薬は副作用が強いため、医師の指示に厳密に従って服用する必要があります。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.