コレステロールが多いカップルは妊娠しにくい

(2014年5月) "The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism" に掲載された米国の研究によると、コレステロールが高いカップルでは子供が出来にくいと考えられます。

この研究で、子供を授かることを望んでいる(しかし不妊治療は受けていない)501組のカップル(女性は18~44才、男性は18才以上)の血液を検査して遊離コレステロールを測定したところ、1年以内に妊娠できなかった、あるいは妊娠までに時間がかかったカップルには、①男女両方のコレステロールが多い、または②女性のコレステロールが多いという傾向が見られたのです。

今回の調査が行われたのは、テストステロンやエストロゲンなどの性ホルモンが体内で作られるときにコレステロールが用いられるためです。

遊離コレステロール
病院でコレステロール値を検査するときには、HDL(善玉)コレステロール、LDL(悪玉)コレステロール、中性脂肪などの種類別の数値まで明らかになりますが、今回の研究で測定した遊離コレステロール(free cholesterol)ではコレステロールの種類まではわかりません。

ただし、研究者によると、遊離コレステロールが多い人では悪玉の LDL コレステロールが多い傾向にあります。