夜型の人には糖尿病やメタボが多い

(2015年4月) "Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism" オンライン版に掲載された韓国の研究で、朝型の人に比べて夜型の人は睡眠時間が同じでもメタボリック・シンドロームや糖尿病などになるリスクが高いという結果になりました。 (出典: Night Owls Face Greater Risk of Developing Diabetes than Early Risers

研究の方法

この研究では47~59才の男女 1,620人を対象に、睡眠パターンと睡眠の質、および生活習慣(運動習慣など)に関するアンケート、血液検査、および体脂肪(量と分布)の検査を実施しました。

1,620人のうち朝型(朝に行動が活発になる)に分類されたのは480人、夜型に分類されたのは95人で、残りの人たちは中間型(白昼に活発になるのでしょう)でした。

結果
夜型のグループの方が若い傾向にあったのですが、それでも朝型のグループに比べて:
  • 体脂肪と血中トリグリセライドが増加していた。
  • サルコペニア(筋肉減少症)という筋肉が徐々に減っていく症候群が生じている率も高くなっていた。
  • 男性に限って見ると、糖尿病のリスクも増加していた。
  • 女性に限って見ると、腹部の脂肪が多い傾向にあり、メタボリック・シンドロームのリスクが増加していた。
この結果は研究者によると、夜型人間は睡眠の質が低いうえに、喫煙や、夜遅くの飲食、運動不足など生活習慣が不健康なであることが原因かもしれません。